将来を見据えた税理士の転職

オリジナル見出し01

日本の平均寿命は、男女ともに世界随一ですが、年金の受給開始年齢はすでに70歳に決まっており、今後も上がることはあっても下がることは期待できません。



その一方で、年金の受給開始年齢まで働きながら給料を稼ぐことができるのは限られた少数と予想されるうえ、年金の受給が始まっても、公的年金だけで豊かな老後を望むのは難しいのが実情です。
そこで、将来は独立開業できる資格を持っていれば、老後の生活を心配する必要はありません。


国家資格の3大難関というと、弁護士、公認会計士、不動産鑑定士といわれていますが、これらはいずれも、日常生活で身近とは言いきれません。



納税は、勤労、教育と並ぶ憲法で決められた国民の義務で、税理士の仕事は今後ともますます需要が見込めます。



税理士の事務所は会計事務所といって、所長である税理士が1名いれば、後は勤務税理士や、補助者と呼ばれる、資格を持たない職員で運営しています。
会計事務所に転職する場合、勤務税理士として安定した収入を得る目的か、将来は独立開業を考えるかといった個人のビジョンで転職先を選ぶのがおすすめです。



会計事務所に所長以外の有資格者が一人もおらず、後継者もいない場合、将来顧問先を承継できる場合もあるほか、独立開業のための経験を積みたい場合、過去にその事務所から独立開業した先輩がいるかどうかを確かめると、自分の可能性も見えてきます。



せっかく一生モノの資格を持った以上は、自分の人生設計にあった転職をしましょう。



関連リンク

  • タイトル21

    日本の平均寿命は、男女ともに世界随一ですが、年金の受給開始年齢はすでに70歳に決まっており、今後も上がることはあっても下がることは期待できません。その一方で、年金の受給開始年齢まで働きながら給料を稼ぐことができるのは限られた少数と予想されるうえ、年金の受給が始まっても、公的年金だけで豊かな老後を望むのは難しいのが実情です。...

  • タイトル22

    事務所などで税理士として勤務してる方の中で転職を考えているという方は少なくありません。今よりも多い給与が欲しい、人間関係が良いところで働きたい、他の仕事にキャリアチェンジをしようか…など転職を考える理由は様々です。...