税理士資格を活かした転職をする

オリジナル見出し01

税金に関する専門的な職業である税理士は、非常に難易度が高い国家資格に通ることが必要であり、税理士として活躍するにはかなりの努力が必要になります。



試験科目は所得税や法人税などの税法から簿記論や財務諸表論など多岐にわたるので幅広く知識を習得していくことが必要にになります。



ただし、他の国家資格と違い、科目合格制の試験となっているので、時間を掛けて取得していくことが可能なので、働いている社会人でも比較的挑戦しやすい試験となっています。



税理士の主な就職先としては税務事務所や会計事務所、企業の財務会計部門などがあり、税理士資格を持っていれば、転職活動をするうえでかなり有利になります。



科目合格制の試験となっているので、一部の科目を合格しているという点も転職時のアピールポイントとすることが出来るでしょう。



試験で勉強した知識を仕事に直接活かしていくことが出来るので、まだ税理士試験に合格をしていないという人でも、それまで勉強してきた知識を活かして仕事をすることが出来ます。



主な就職先である会計事務所や税務事務所の場合には、資格試験に合格することで、代表者と一緒に責任ある仕事をすることが出来るようにもなります。


転職先を探す際には通常の仕事と同様に転職支援サイトを利用することで、全国の色々な場所の仕事を探すことが出来ます。
業務未経験でも資格を持っていることで応募することが出来るような職場の情報も見つけることが出来ます。

関連リンク