税理士の転職は公務員もある

オリジナル見出し01

税理士の転職はいろんな職場を選ぶことが出来ますが、その一つとして公務員を選ぶという選択肢もあります。



どこかの会社へ転職するのと公務員として仕事を見つけることの違いは色々とありますが、やはり最終的な判断は将来性や待遇で決めることが多いです。



一般的に公務員というのは国に仕える仕事ということもあり、収入が安定していて高待遇というイメージが強いものです。



これは税理士として仕事を探す場合も同じでしっかりと転職活動をする中で求人比較を進めることが出来るなら、そうした内容の職場を見つけることは夢ではありません。

しかし、一つの難点としては待遇が良い募集に関しては上記のようなイメージがあることも影響して非常に応募が多くなることがあり、それによって採用を狙うのが難しくなることがあります。



多くの応募者がいる場合はやはり仕事の実力や学歴など、どれだけ自分にメリットがあるのかによって採用率が変わってきます。


また、公務員としての職歴を持っている、有名企業で仕事をしたことがあるなど、今までの職歴によっても採用の合否が大きく変わることがあるので、しっかりと準備をしてから応募をしたいところです。



税理士の公務員の仕事はやはり都会ほど倍率が高くなってくるので、あえて田舎から職場を探すことも一つの選択となってきます。税理士として転職する時は一つの選択として公務員という道もあることを検討しながら求人を探してみると良いです。



関連リンク